70年代、変身ヒーローの活躍したころ。ウルトラマンと仮面ライダー以外の意外なやつ。

<< 耳より情報 >>
 ・打倒!メタボリックシンドロー ム!キックボクサーが明かす、やせる!体脂肪燃焼ダイエット
 ・ダイエットは簡単!運動しない私が1ヶ月で10キロやせた秘密〜あなたにもできる!
 ・タ ダで入手 〜音楽、映画、ゲーム他が無料で手に入る方法〜


‘70年代・・・それはまさにヒーロー百花繚乱の時代でした。
ウ ルトラマンと仮面ライダーを中心に、次から次へと新ヒーローが誕生!
それぞれが強烈なインパクトを残してくれました。
そ のカッコ良さに憧れ、変身ポーズをマネ、怪獣怪人の名を覚え、、、
正義とは何か?! ヒーローに教えてもらいました。


語り継ごう、ヒーローたちを!
  YOUTUBEで見るあの勇姿に再会!

(以下なんとなくアイウエオ順)
ア イアンキング
1972年(昭和47年)10月 8日1973年(昭和48年)4月8日 TBS
 毎週日曜日19:00 - 19:30 全26話 原作:佐々木守

ア クマイザー3
1975年(昭和50年)10月 7日1976年(昭和51年)6月 29日 NET テレビ(現・テレビ朝日)系 毎週火曜日19:00 - 19:30 全38話 原作:石 森章太郎(石ノ森章太郎)

変 身忍者 嵐
1972年(昭和47年)4月7日1973 年(昭和48年)2月 23日 毎 日放送NET系 (東海地区は中 京テレビ) 毎週金曜日19:00 - 19:30 全47話 原作:石 森章太郎(石ノ森章太郎)

イ ナズマン
1973年(昭和48年)10月 2日〜1974年(昭和49年)3月 26日 NET テレビ(現・テレビ朝日)系 毎週火曜日19:30 - 20:00 全25話 原作:石 森章太郎(石ノ森章太郎)

キ カイダー
1972年(昭和47年)7月8日1973 年(昭和48年)5月5日 NET (現テ レビ朝日)系
 毎週土曜日20:00 - 20:30 全43話 原作:石 森章太郎(石ノ森章太郎)

忍 者キャプター
1976年(昭和51年)4月7日1977年(昭和52年)1月 26日 東 京12チャンネル
 毎週水曜日19:30 - 20:00 全43話 原作:八 手三郎

宇 宙鉄人キョーダイン
1976年(昭和51年)4月2日1977 年(昭和52年)3月 11日 毎 日放送TBS テレビ系 毎週金曜日19:00 - 19:30 全48話 原作:石 森章太郎(石ノ森章太郎)

コ ンドールマン
1975 年(昭和50年)3月 31日〜同年9月 22日 NET テレビ(現・テレビ朝日)
  毎週月曜日19:30− 20:00 全24話 原作:川 内康範

電 人ザボーガー 
1974年(昭和49年)4月6日1975 年(昭和50年)6月 29日 フ ジテレビ
  毎週土曜日19:00 - 19:30他 全52話

サ ンダーマスク
1972年(昭和47年)10月 3日1973年(昭和48年)3月 27日 日 本テレビ
  毎週火曜日19:00 - 19:30 全26話 原作:手 塚治虫

ジャ ンボーグA
1973年(昭和48年)1月 17日〜同年12 月29日 毎 日放送・NETテレビ(現・テ レビ朝日)系 毎週水 曜日19:00 - 19:30(28話まで)、毎週土 曜日19:00 - 19:30(29話から)
(※東京/金曜19:30−20:00) 全50話

シ ルバー仮面
1971年(昭和46年)11 月28日1972年(昭和47年)5月 21日 TBS
  毎週日曜日19:00 - 19:30 全26話

怪 傑ズバット
1977年(昭和52年)2月2日〜 同年9月 28日 東 京12チャンネル(現・テレビ東京)
  毎週水曜日19:30 - 20:00 全32話 原作:石 ノ森章太郎

ス ペクトルマン
1971年(昭和46年)1月2日1972 年(昭和47年)3月 25日 フ ジテレビ
  毎週土曜日19:00 - 19:30 全65回 原作:う しおそうじ

流 星人間ゾーン
1973年(昭和48年)4月2日〜 同年9月 24日 日 本テレビ
  毎週月曜日19:00 - 19:30 全26話

鉄 人タイガーセブン
1973年(昭和48年)10月 6日1974年(昭和49年)3月 30日 フ ジテレビ
  毎週土曜日19:00 - 19:30 全26話 企画・原案:う しおそうじ、別所孝治

ト リプルファイター
1972年(昭和47年)7月3日〜 同年12 月29日 TBS
  毎週月曜日〜金曜日17:30 - 17:40 130回(全26話)

バ ロム1
1972年(昭和47年)4月2日〜 同年11 月26日 よ みうりテレビ
  毎週日曜日19:30 - 20:00 全35話 原作:さ いとう・たかを

超 人ビビューン
1976年(昭和51年)7月6日1977 年(昭和52年)3月 29日 NET テレビ(現・テレビ朝日)系 毎週火曜日19:00 - 19:30 全36話 原作:石森章太郎(石 ノ森章太郎

ファ イアーマン
1973年(昭和48年)1月7日〜 同年7月 31日 日 本テレビ系 毎週日曜日18:30 - 19:00(12話まで)、毎週火曜日19:00 - 19:30(13話から) 全30話

魔 人ハンターミツルギ
1973年(昭和48年)1月8日〜 同年3月 26日 フ ジテレビ系 全12話
  毎週月曜日19:00−19:30

ミ ラーマン
1971年(昭和46年)12月 5日1972年(昭和47年)11 月26日 フ ジテレビ
  毎週日曜日19:00 - 19:30 全51話 監督:本 多猪四郎

ラ イオン丸
1972年(昭和47年)4月1日1973 年(昭和48年)4月7日 フ ジテレビ
  毎週土曜日19:00 - 19:30 全53話 企画・原案:う しおそうじ、別所孝信

レ インボーマン
1972年(昭和47年)10月 6日1973年(昭和48年)9月 28日 NET
  毎週金曜日19:30 - 20:00 全52話

ロ ボット刑事K
1973年(昭和48年)4月5日〜 同年9月 27日 フ ジテレビ
  毎週木曜日19:00 - 19:30 全26話 原作:石 森章太郎

<<耳より情報 >>
 ・打 倒!メタボリックシンドロー ム!キックボクサーが明かす、やせる!体脂肪燃焼ダイエット
 ・ダイエットは簡単!運動しない私が1ヶ月で10キロやせた秘密〜あなたにもできる!>
 ・タ ダで入手 〜音楽、映画、ゲーム他が無料で手に入る方法〜

愛の戦士レインボーマン M作戦編

愛の戦士レインボーマン M作戦編

人 気ランキング : 6670位
定価 : ¥ 12,600
販売元 : 東宝
発売日 : 2001-09-21

価 格 商品名
¥ 11,340 愛の戦士レインボーマン M作戦編

???7つの精霊の化身であるレインボーマンと、日本壊滅をもくろむ秘密結社・死ね死ね団との戦いを描いた1972年放送の特撮ヒーローもの。
???死ね死ね団による日本侵攻作戦、第2弾「M作戦」は、新興宗教を利用してニセ札を大量にばらまき、日本経済を崩壊させようというもの。M作戦と並行して怪人たちがレインボーマンに襲いかかる。
???怪人を倒しても、それが事態の解決に結びつかず、次第に進むインフレが人々を貧窮に追いやるという設定が従来のヒーローものと一線を画し、レインボーマンが政府に食料配給を求めて直訴するという魅力的なエピソードにつながっていく。本巻のクライマックスとなる第25、26話は、とにかくハイテンションな展開をみせ、死ね死ね団の基地にとらわれの身となっていた主人公の父がマシンガンを持って大暴れ、息子のために命を捨てて基地を爆破する姿が強烈な印象を残す。(井上新八)

多くの子供にみてほしい

レインボーマンは4タイトル全部購入しましたが、そのなかでもこのM作戦編は「殺人プロフェッショナル」という怪人集団が登場し、次々とレインボーマンに襲いかかる話なので、子供は喜ぶと思います。ウチの9歳と6歳の息子にもみせましたが大変気に入り、「あのくたらさんみゃくさんぼだい!」とよく叫んでいます。レインボーマンを通して、正義を愛する心を多くの子供達に学んでほしいですね。子供にヒーロー物を見せるなら「レインボーマン」と「快傑ズバット」をオススメします!

アナーキーでエネルギッシュな快作

今にして思えば、子供向けにこんな番組を放送してよかったんだろうか?
日本壊滅をもくろむ秘密組織『死ね死ね団』が、新興宗教を使ってカネをばらまきインフレを起こすというなんとも凄すぎるストーリー。
この突き抜けた(笑)アナーキーさがこの作品を先見性に溢れた素晴らしいものにしています。ゴムマスク被っただけの間抜けな怪人やせこい特撮も微笑ましい。作品に溢れるエネルギー、勢いに圧倒されてしまいます。

あと、このM作戦編では、あの名曲『死ね死ね団のテーマ』がフルコーラスで聞けます。インド風の謎のギターフレーズに乗せて『金で心を汚してしまえ、死ね、死ね』とひたすら連呼するんですよ。もう一度言うけど子供向き番組の挿入歌です(笑)。
でも今 改めてこの曲を聴いていたら、死ね死ね団のボス、Mr.Kが誰だか判ってしまいました。
ほら、デフレ時にわざわざインフレ政策を取って日本経済を悪化させた、他人に反論されるとすぐヒステリー起こす、永田町のあの人ですよ。
レインボーマンはノンフィクションだったんだ!!(笑)。

21世紀初頭の日本の混乱を予言していたオカルト番組

平田昭彦や塩沢とき等のビッグネームによる怪演をはじめ、この番組を「伝説」たらしめている要素は枚挙にいとまがないが、やはり特筆すべきは、ジャリ番なのに社会性を追求しまくったそのプロットであろう。
経済困窮という極めて現実的動機から主人公は修行し、その後も一般社会との軋轢、俗世間的欲求と正義感との確執にもだえ続ける。こうした設定だけでなく、死ね死ね団の日本滅亡作戦まで妙に本格派。
このため、はからずもレインボーマンは、下記の通り21世紀初頭の混乱を予言する記念碑的番組となった。
(1)御多福教という怪しげな新興宗教を通じて秘かにカネがばらまかれることにより、インフレ期待が経済主体に共有されないまま貨幣供給が増加していき、経済は混乱する・・・レインボーマンは、新古典派経済学の「貨幣ヴェール観」を忠実に映像化した希有な教育番組となっている。
昨今のインフレターゲティング論に参加していた経済学者は、皆レインボーマンをパクっているか死ね死ね団の一員であることは疑う余地はないが、実際、木村某のインフレ小説よりこちらのほうがはるかにリアルで面白い。なお、金融によって生じた混乱が、貧民への緊急食料提供という財政出動で解決されるあたり、製作サイドは財務省ではなく日銀にシンパシーを感じていることが窺われる。
(2)昨今のアジア諸国での反日暴動の嵐、反日教育・報道の数々・・・いうまでもなく、レインボーマンはこれを先取りして描ききっている。というより、今まさに起きている動きの背後に死ね死ね団が暗躍している可能性は否定できない。今の中国の教育方針を定めた江沢民こそが、実は“Mr.K”だったとかいうオチだったとすると、笑えない。
死ね死ね団の素敵なお姉さん達も魅力のひとつ。

偽札事件にエセ教祖・・・歴史は繰り返す

 「印パ戦争」から始まる第1シリーズ(本編とはあんまり関係ないが)に続いて、今度は「偽札による超インフレ作戦」だ。しかもエセ教祖まで登場して、社会派(!?)川内康範先生の面目躍如である。特撮ものでありながら妙に社会の問題に言及しているのは、「ウルトラ」シリーズにも通じるものがある。そう、かつては子供向け番組でも皆真剣につくっていたのだ。その全うな真剣ぶりと、死ね死ね団の「トホホ」さのギャップが、さらに冴え渡る。
 怪女優塩沢トキの「清水の舞台から飛び降りたような」演技や、次々と繰り出される「変な」モンスター達。もう好きなだけやってください、というしかない。実はレインボーマンはこのシリーズで完結するはずだったという話も聞く。それもうなずけるような力作!!。一見の価値アリ!

『変身、ぼくらの特撮スーパーヒーロー!』はAmazon.co.jpのウェブサービス によって実現されています。
Copyright 2005 変身、ぼくらの特撮スーパーヒーロー! All rights reserved.