70年代、変身ヒーローの活躍したころ。ウルトラマンと仮面ライダー以外の意外なやつ。

<< 耳より情報 >>
 ・打倒!メタボリックシンドロー ム!キックボクサーが明かす、やせる!体脂肪燃焼ダイエット
 ・ダイエットは簡単!運動しない私が1ヶ月で10キロやせた秘密〜あなたにもできる!
 ・タ ダで入手 〜音楽、映画、ゲーム他が無料で手に入る方法〜


‘70年代・・・それはまさにヒーロー百花繚乱の時代でした。
ウ ルトラマンと仮面ライダーを中心に、次から次へと新ヒーローが誕生!
それぞれが強烈なインパクトを残してくれました。
そ のカッコ良さに憧れ、変身ポーズをマネ、怪獣怪人の名を覚え、、、
正義とは何か?! ヒーローに教えてもらいました。


語り継ごう、ヒーローたちを!
  YOUTUBEで見るあの勇姿に再会!

(以下なんとなくアイウエオ順)
ア イアンキング
1972年(昭和47年)10月 8日1973年(昭和48年)4月8日 TBS
 毎週日曜日19:00 - 19:30 全26話 原作:佐々木守

ア クマイザー3
1975年(昭和50年)10月 7日1976年(昭和51年)6月 29日 NET テレビ(現・テレビ朝日)系 毎週火曜日19:00 - 19:30 全38話 原作:石 森章太郎(石ノ森章太郎)

変 身忍者 嵐
1972年(昭和47年)4月7日1973 年(昭和48年)2月 23日 毎 日放送NET系 (東海地区は中 京テレビ) 毎週金曜日19:00 - 19:30 全47話 原作:石 森章太郎(石ノ森章太郎)

イ ナズマン
1973年(昭和48年)10月 2日〜1974年(昭和49年)3月 26日 NET テレビ(現・テレビ朝日)系 毎週火曜日19:30 - 20:00 全25話 原作:石 森章太郎(石ノ森章太郎)

キ カイダー
1972年(昭和47年)7月8日1973 年(昭和48年)5月5日 NET (現テ レビ朝日)系
 毎週土曜日20:00 - 20:30 全43話 原作:石 森章太郎(石ノ森章太郎)

忍 者キャプター
1976年(昭和51年)4月7日1977年(昭和52年)1月 26日 東 京12チャンネル
 毎週水曜日19:30 - 20:00 全43話 原作:八 手三郎

宇 宙鉄人キョーダイン
1976年(昭和51年)4月2日1977 年(昭和52年)3月 11日 毎 日放送TBS テレビ系 毎週金曜日19:00 - 19:30 全48話 原作:石 森章太郎(石ノ森章太郎)

コ ンドールマン
1975 年(昭和50年)3月 31日〜同年9月 22日 NET テレビ(現・テレビ朝日)
  毎週月曜日19:30− 20:00 全24話 原作:川 内康範

電 人ザボーガー 
1974年(昭和49年)4月6日1975 年(昭和50年)6月 29日 フ ジテレビ
  毎週土曜日19:00 - 19:30他 全52話

サ ンダーマスク
1972年(昭和47年)10月 3日1973年(昭和48年)3月 27日 日 本テレビ
  毎週火曜日19:00 - 19:30 全26話 原作:手 塚治虫

ジャ ンボーグA
1973年(昭和48年)1月 17日〜同年12 月29日 毎 日放送・NETテレビ(現・テ レビ朝日)系 毎週水 曜日19:00 - 19:30(28話まで)、毎週土 曜日19:00 - 19:30(29話から)
(※東京/金曜19:30−20:00) 全50話

シ ルバー仮面
1971年(昭和46年)11 月28日1972年(昭和47年)5月 21日 TBS
  毎週日曜日19:00 - 19:30 全26話

怪 傑ズバット
1977年(昭和52年)2月2日〜 同年9月 28日 東 京12チャンネル(現・テレビ東京)
  毎週水曜日19:30 - 20:00 全32話 原作:石 ノ森章太郎

ス ペクトルマン
1971年(昭和46年)1月2日1972 年(昭和47年)3月 25日 フ ジテレビ
  毎週土曜日19:00 - 19:30 全65回 原作:う しおそうじ

流 星人間ゾーン
1973年(昭和48年)4月2日〜 同年9月 24日 日 本テレビ
  毎週月曜日19:00 - 19:30 全26話

鉄 人タイガーセブン
1973年(昭和48年)10月 6日1974年(昭和49年)3月 30日 フ ジテレビ
  毎週土曜日19:00 - 19:30 全26話 企画・原案:う しおそうじ、別所孝治

ト リプルファイター
1972年(昭和47年)7月3日〜 同年12 月29日 TBS
  毎週月曜日〜金曜日17:30 - 17:40 130回(全26話)

バ ロム1
1972年(昭和47年)4月2日〜 同年11 月26日 よ みうりテレビ
  毎週日曜日19:30 - 20:00 全35話 原作:さ いとう・たかを

超 人ビビューン
1976年(昭和51年)7月6日1977 年(昭和52年)3月 29日 NET テレビ(現・テレビ朝日)系 毎週火曜日19:00 - 19:30 全36話 原作:石森章太郎(石 ノ森章太郎

ファ イアーマン
1973年(昭和48年)1月7日〜 同年7月 31日 日 本テレビ系 毎週日曜日18:30 - 19:00(12話まで)、毎週火曜日19:00 - 19:30(13話から) 全30話

魔 人ハンターミツルギ
1973年(昭和48年)1月8日〜 同年3月 26日 フ ジテレビ系 全12話
  毎週月曜日19:00−19:30

ミ ラーマン
1971年(昭和46年)12月 5日1972年(昭和47年)11 月26日 フ ジテレビ
  毎週日曜日19:00 - 19:30 全51話 監督:本 多猪四郎

ラ イオン丸
1972年(昭和47年)4月1日1973 年(昭和48年)4月7日 フ ジテレビ
  毎週土曜日19:00 - 19:30 全53話 企画・原案:う しおそうじ、別所孝信

レ インボーマン
1972年(昭和47年)10月 6日1973年(昭和48年)9月 28日 NET
  毎週金曜日19:30 - 20:00 全52話

ロ ボット刑事K
1973年(昭和48年)4月5日〜 同年9月 27日 フ ジテレビ
  毎週木曜日19:00 - 19:30 全26話 原作:石 森章太郎

<<耳より情報 >>
 ・打 倒!メタボリックシンドロー ム!キックボクサーが明かす、やせる!体脂肪燃焼ダイエット
 ・ダイエットは簡単!運動しない私が1ヶ月で10キロやせた秘密〜あなたにもできる!>
 ・タ ダで入手 〜音楽、映画、ゲーム他が無料で手に入る方法〜

PREMIUM COLLECTOR’S EDITION 風雲ライオン丸 弾丸之函

PREMIUM COLLECTOR’S EDITION 風雲ライオン丸 弾丸之函

人 気ランキング : 24949位
定価 : ¥ 31,290
販売元 : アミューズソフトエンタテインメント
発売日 : 2005-03-25

価 格 商品名
¥ 28,161 PREMIUM COLLECTOR’S EDITION 風雲ライオン丸 弾丸之函

???前作「快傑ライオン丸」の好評を受けて製作された、ピー・プロダクションの変身アクション時代劇。戦国時代、悪の組織マントル一族の手から日本を守るべく、相模の国の忍者・弾影之助はマントル軍団と対決するが、地虫忍者軍団によって殺されてしまう。影之助は死の直前、弟の獅子丸に変身忍法「ライオンロケット変身」を託す。獅子丸は幌馬車で父を捜し求める姉弟・志乃、三吉と共にマントル軍団の首領マントルゴッドを討つべく旅を続ける。
???まるでアメリカ映画「ロケッティア」を思わせる変身シチュエーション、西部劇を意識した主人公のコスチュームやアクション、宿敵ブラックジャガーの存在など、意欲的な試みが感じられるシリーズだが、やはり前作「快傑ライオン丸」のセルフリメイクとなってしまった感は否めないのが残念。首領マントルゴッド、マントル一族の幹部アグダーといった悪役キャラの不気味な存在感が、強く印象に残る。(斉藤守彦)

弾獅子丸21歳、人は彼をライオン丸と呼ぶ

『快傑ライオン丸』の後を受けた第2弾。人気作品の後継作というのは難しいもので、この作品も苦労のあとがしのばれる。マカロニウエスタンをもとにした独特のムード。兜をかぶせてより戦闘的なイメージを醸し出したヒーロー。ところがそのほとんどが裏目に出て、人気は今ひとつという結果に。「雌ライオンみたい」と評判のよくなかったライオン丸も、途中からたてがみをなびかせるようになったが、あまり効果なく、初心貫徹、再び兜をかぶせることになった。
 『快傑〜』にくらべると、確かにやや取っつきにくい。しかもストーリーのほとんどが、なんだか鬱になりそうなものばかり。子供だといっても容赦なく殺されたりする。ライオン丸がそれに激怒し、敵の怪人をぶった切る……のでなく、殴る!蹴る!!崖下に突き落とす……という回があって、演技じゃなくてホントのケンカ? と思わせるほど迫力があった。また敵の強大さに打ちひしがれ「このまま死んでもいいと思った」なんて獅子丸の心情がいきなり字幕で出る演出もインパクト大。どこか荒涼とした作品のムードもそれに拍車をかけ、やるせなさ爆発という感じだが、昨今、そうしたハードな世界観が逆に評価されるようになっている。なお『快傑〜』のBOXで、素材未発見のため、やむなく画質が今ひとつのまま収録されていた最終回が、クリアな画像で収録し直されている。

・・・ライオン ライオン ライオン ・・・ライオン ライオン ライオン 「ハイヨー!

て、特撮ヒーローというジャンルに時代劇をミックスして成功した快傑ライオン丸の続編である。
しかし、ライオン丸のアイデンティティとも言える「たてがみ」・・・この風雲ではこれがいきなり無くなっている、
ライオン丸が新アイテム「兜」をかぶってしまい、たてがみを隠してしまったのだ。
だが、驚愕の新アイテムはこれだけにとどまらない、なんと背中にロケットを背負っている! 舞台が戦国時代であるにもかかわらずだ!
そう、この風雲ライオン丸は主人公の武装が大幅に強化されたのである。
なにしろこのライオン丸は変身する前から厚手のポンチョを羽織りその下にはガンベルトよろしく手裏剣をずらっと腰に捲いているのだ。
あの剣一筋に生きたタイガージョーも、風雲では銃を持っているし
快傑のヒロイン沙織がミニスカートという軽装であるのに対し、風雲のヒロイン志乃はズボンを履いている。
対する敵マントル一族も負けずに騎馬隊、機関銃、大砲、装甲車、毒薬などで過激に武装。
前作の快傑が華麗な太刀さばきと忍術、妖術でファンタジックな戦いを繰り広げていたのに対し
風雲は様々な兵器を使って実にパワフルな戦いを繰り広げていた。
この作品はヒーロー物としては異色のハードボイルドドラマとしてよく紹介されるが、アクション物としても、結構気合いが入っているのだ、
その気合いをいかんなく発揮したのがOP、
マットアートや派手な爆破シーンを多用したエネルギッシュな映像とライオン丸の豪快な太刀さばきは必見である。

だが、前回のパワーアップを図った数々の試みが時代劇という舞台にことごとくミスマッチだった事とシビアで沈鬱なストーリー展開など、
様々なマイナス要因が重なり番組は半年で打ち切りとなってしまった・・・

お前のやってることはすべて無駄なんだ、この偽善者め!

……こともあろうに自分が守るべき対象から、ここまでの言葉を投げつけられたヒーローは多分いないと思う。
本作の主人公、ライオン丸こと弾獅子丸は「これでもか」というほどにその善意を裏切られ続ける。自分が助けた忍者は掟のために自ら命を絶ち、共にマントル一族と戦おうと誓った村人からも見放される。そんな彼の報われること少ない戦いは、終始カタルシスの少ない陰鬱さに満ちていた(だからこそタイガージョーJr.の登場や快傑ライオン丸の助っ人といったやや明るめの要素が異常に印象深いのだが)。
そんな本作を象徴する話が第22話『南蛮寺の秘密』。旅の途中でマントルに襲われた獅子丸が立てこもった教会。そこには人を殺して逃げてきた少年や、ライオン丸の名を騙る侍といった最低の人間が集まっていた。やがて彼らは己の欲望のために一人ずつマントルの怪人に殺され、唯一残った神父も純金製の十字架にしがみついたままマントル一族に殺害される(この神父が死に際に獅子丸に言い放つのがタイトルの台詞)。
この辺のやり取りや、その直後の「金!欲!人はそんなもののためにしか生きられないのか!!」という獅子丸の悲痛な叫びは、はっきり言って子供番組のレベルを遥かに超えている。
ちなみに上記の話以外にも本作には救いのない話がてんこ盛り。その勢いは結局止まらず、最終回で廃人のようになった獅子丸が馬の背に揺られ去っていく、虚しさに満ちたラストシーンへとつながるのだ。
というわけで、ハードなヒーローものに飢えている人は是非ともご覧になっていただきたい一本。前作『快傑』が快作なら、こちらは一度観たら絶対に忘れられない、まぎれもない怪作・鬼作である。

『変身、ぼくらの特撮スーパーヒーロー!』はAmazon.co.jpのウェブサービス によって実現されています。
Copyright 2005 変身、ぼくらの特撮スーパーヒーロー! All rights reserved.